乗り鉄ならぬ乗り船(笑)
ってな訳でやってきたのは大阪府は泉大津。
IMG_1056
JR→南海と乗り継いで泉大津駅へ。
そこからちと離れているのでタクシーにてコチラへ^ - ^
阪九フェリー泉大津ターミナルです。
今回はお初の阪九フェリーに乗ります^ - ^
今回のる船はコチラ!!
IMG_1057
IMG_1058
フェリーいずみ
やっぱりフェリーはデカイですね(笑)
ちょっと今回は徒歩乗船なんでターミナルにて受付&検温をして外で船の撮影してターミナルでマッタリと待ってました(笑)
IMG_1059
この子は阪九フェリーのマスコットふねこ^ - ^
そんなこんなしてるうちに乗船時間になりいざ乗り込む(笑)IMG_1060 
吹き抜けエントランスは豪華ですね^ - ^
IMG_1062
良い感じですね^ - ^
今回泊まった部屋はコチラ。
IMG_1061
デラックスシングル
ベッド、机・イス、洗面所、ポット、お茶、コップ、テレビ。
アメニティはタオルと歯ブラシそして、ふねこが書かれた袋(笑)
1人やし充分ですね^ - ^
早速!大浴場へ。
IMG_1064
阪九フェリーのなんと!露天風呂もあるのだ(^o^)
ゆっくりと風呂を堪能しました^ - ^
そして出港!
泉大津ターミナルは地上係の方のお見送り(手振り)はなく、汽笛などもなく静かな出発でした。
そしてお楽しみのフェリー飯^ - ^
レストランへGO!!
レストランはバイキングではなくカフェテリア方式で、いろんなおかずが並んでいてたべたいやつを取るシステム。
ホットメニューもありステーキなど鉄板焼き料理がここの売りでしたが、今回はあえて頼まなかったです。
FullSizeRender

バランス良く取ったつもりやが・・・まぁ気にしない気にしない(笑)
豚汁が美味しかったです(´∀`)
そして部屋に戻り恒例の晩酌タイム(^o^)
IMG_1068
とりかわ美味かった^ - ^
九州はけっこうクラフトチューハイが多くて珍しいあってこちらに。
なんで今回は揺れチェックはやらなかったです(笑)
まぁ瀬戸内航路やからさほど揺れんのやがね^ - ^
そしてデザート(o^^o)
(まだ食べるんかい!!)
IMG_1065
阪九フェリー名物パイシュー(^o^)
なんと!阪九フェリーはパンやシュークリームを船で作ってるのだ!!
特にこのパイシューは人気で売り切れ必須なのだ。
なんで実は情勢してすぐの線内探索のときに買っちゃってました^ - ^
呑んで食ってして疲れたのもあってバタンキュー(笑)
揺れますホンマ少なくグッスリ寝れました。
この船は6時に新門司港に着くのでちょっと早起き。
朝風呂入って、初乗船なんで朝ごはんも頑張って食べました(笑)
(ほんまはギリギリまで寝たかったwww)
FullSizeRender
朝も一応カフェテリア方式。
やが、船と言えばカレー(笑)
なんで朝カレーを^ - ^
ピリ辛で美味しかったです。
そんなこんなしてる内に新門司港に到着。
あっという間でしたが楽しかったですね^ - ^
阪九フェリーは風呂と飯がクオリティー高くて良いですね^ - ^














家から比較的近い日帰り県内の探索。
ここは知ってる方は知ってはる物件ですね。
三重県某市の山中にあるお城風な屋根が特徴な廃宿です。
IMG_1034
唯一のアクセス路は倒木、土砂が流れてきてたりして非常に危険です。
僕はトレッキングシューズを履いてたので大丈夫でしたが、普通のくつなんかやとダメですね。
そんなちょっと大変な道を上がると・・・。
IMG_1035
見えてきました。
旅荘K山荘です。
ご覧の通り道はあるが至る所が倒木してるのでちょっと大変でした。
IMG_1036
建物の手前には小屋?みたいな建物が!
中はゴミ?かでいっぱいでした。
物置として使ってたんかなぁ。
ではお宿の方へ行きますかね。
建物はウェルカム状態。
封をしてたっぽいが突破された、ってのが正しいかなぁ。
IMG_1038
玄関入ってすぐの所。
ロビーですね。
かなり朽ちてますね。
いろいろ落ちてますが・・・。
IMG_1039
入って右手にはカウンターがありそこで受付する感じかなぁ。
奥は事務兼管理人室って感じですね。
物がいっぱい置いてますね。
ゴミもあるやろうが、当時物の残留物もある。
IMG_1040
入って正面の奥は広いスペースでここは休憩スペースかもしかしたら、食堂的な感じやったのかも。
IMG_1041
カウンターっぽいのあるから食堂で間違いないかなぁ。
奥は厨房ですし。
IMG_1042
玄関入って左手に廊下があり奥に行くとこんな広間が!

なんだかいろいろ落ちてますが、大広間的な場所やったんかなぁ?
IMG_1043
噂によればココに小動物が住んでるとかでしたが、そんな気配はなかったです。

さて!1階はざっとこんな感じ。
では2階へ。
IMG_1044
2階は客室。
こんな感じで床板は剥がされガランです。
謎の青いタルと天井一面にビニールシート。
これは雨漏りが酷くて雨漏り対策やったみたいです。
営業末期からこんな感じで対策してたとか。
廃業の原因の1つやったかもね。
IMG_1045
うん!ガランですね。
めちゃ朽ちてるし。
IMG_1046
建物中に雨漏り対策が!
これはかなり酷かったんやろね。
残留物がなく単純な探索になっちゃいましたね。
客室はかなり少なくこじんまりした小旅館的な感じやったみたいですね。
上へ。
3階はなく屋上へ。
IMG_1047
屋上へ行く階段の途中にこんな絵が!
これってドイツにあるノイシュヴァンシュタイン城ですかね。

立派な絵が^ - ^
そして屋上!!
IMG_1048
これが下から見えてたお城の天守部分です^ - ^
IMG_1050
景色が良くてここで10分くらい景色を眺めてました^ - ^(笑)




あれ??
宿やのにお風呂は?

はい!ちゃんとありますよ^ - ^(笑)
この建物には地下がありそこにあります。
ってな訳で地下へGO!!
IMG_1051
ありゃりゃ!!
なにやら廃材?が押し込められてお風呂が見れない(>_<)
IMG_1052
女子風呂もやん!
ちょびっと来るのが遅すぎた物件ですね。
この探索はここまで^ - ^













宮崎廃墟探索遠征を終えて九州を一気に北上し向かったのは福岡県北九州市。
新門司港にやってきました^ - ^
ここからフェリーにて帰ります。
今回乗るのはコチラ!
IMG_1021
名門大洋フェリー・フェリーきたきゅうしゅう
II名門大洋フェリーに乗るのは2回目^ - ^
前回は大阪南港〜新門司やったのと1便やったはずやので、こっちはお初。
ウェブ予約でお金も払ってるのでターミナルで検温だけしてマイカーにてのんびり待つ^ - ^
車やと乗る瞬間が楽しですね(笑)
そして乗船。
今回のお部屋はコチラ!!
IMG_1022
ファーストSと言うシングルルームです。
良い感じですね^ - ^
ベッド、机、椅子、浴衣、ポットにお茶、テレビ、写真には写ってないが洗面所。
快適ですね^ - ^
強いて言えばトイレと冷蔵庫があれば完璧やったんやがね(笑)
荷物を置いて早速!大浴場へ。
船の風呂ってなんか良いっすね^ - ^笑
そして部屋に戻ってレストランへ。
名門大洋フェリーはコロナ放電であるがバイキングをやっている^ - ^
これを目当てに乗ったようなもんやからね(笑)
FullSizeRender
バイキングは茶色ばかりになりますが、美味しいです( ̄▽ ̄)笑
お腹いっぱい食べてようやく出港時間になったのでデッキへ行って陸の様子を見届ける^ - ^
後は軽く船内探索して部屋に戻って晩酌タイム(o^^o)
流石!瀬戸内航路。
行きのさんふらわあは太平洋航路なんで天候悪かったのもあるがめちゃ揺れたが、名門大洋フェリーは瀬戸内航路だけあって揺れをあまり感じずグッスリ寝れました^ - ^
そして翌朝!!
起きて朝風呂を入る為に大浴場へ!!
流石に朝は大浴場空いてますね。
そして朝ごはん。
当然!!朝もバイキング(^_^)
FullSizeRender
基本、洋食派なんで若干少なめですが美味しくいただきました^ - ^(笑)
IMG_1023
凄く快適で過ごしやすい船でしたね。
リピート確定ですね(^。^)

↑このページのトップヘ